Recent Posts

2012年4月10日火曜日

KORG AudioGateをWAVEプレイヤーとして使ってみる





質のいいwav再生ソフトを探している。

今回はKORG製のDSDレコーダで録音した音源をコンバートするためのソフト。


ウィンドウの横幅が固定されているため「ファイル情報」を横に設置してみた。


DSDだけでなく他のフォーマットのファイルもリアルタイム変換エンジンにより再生する。
ASIOにも対応(WASAPIは共有モード)、当然MACでの利用も前提となっている。



私は手持ちのCDをリッピングしてある程度の環境で音楽を楽しめるようにしている。
Audiogateを音楽再生ソフトとして使い始めたところ、wavファイルの音質がすばらしい。
(ドライバはasio4all、AudioGateで96.0kHzにアップサンプリングして使用)




愛用しているFrieve Audio Playerと比較すると、

メリット:
・音がいい。定位を感じられる好みの音。
・電子楽器メーカーなのでレイテンシへのこだわりがある。
・動作が軽くCPUへの負荷も少ない(FAPの1/10ほど)。
・DSDファイルへのコンバートおよび再生ができる。
・ソングリストをファイルで管理できるので次回以降の読み込みが楽。
・キーボードショートカットが充実している。
・KORGのハードウェア付属ソフトなのでヴァージョンアップ等安心感がある。

デメリット:
・イコライザ機能がない。
・DSPなどのプラグインは使用できない。
・なので基本的にソフトウェア上で音はいじれない。

といったところでしょうか。




これを使うとKORGのMR-200SやDSD対応のアンプをPCにつないでみたくなる、買いたくなる...。




ONKYOなどでDSDファイルを販売しているところもあるけどちょっと値がはりますね。
アルバム1枚で2,800円とか。
「よっぽど好きな1枚」くらいしか買う気がおこらない。

DSD対応アンプがあれば手持ちのwavをDSDにコンバートして音がよくなるのか!?
それとも違いが生じるのはSACDだけなのか、勉強不足でよくわからない。

PCオーディオはwavでガマンするとしようか...。




AudioGateはKORG製品を持っていなくても無料でダウンロード/使用が可能です。
フリーで使うための仕掛けが面白い。

必要なのはtwitterアカウントだけ。
インストール後の1回、あとはコンバート機能などをするたびに「○○をコンバートした」って勝手にツイートするw
恥ずかしい音楽ファイル(?)をお持ちの方は捨てアカで登録することを強くオススメします。




関連サイト:
KORG公式
http://www.korguser.net/audiogate/jp/index.html
e-onkyo music
http://music.e-onkyo.com/artist/m101210_R.asp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More